運営者紹介

事務所概要

事務所名 司法書士・行政書士・田中俊博法務事務所
代表者名 田中俊博
所在地 岐阜県海津市海津町馬目361番地1いとぜんビル2階東
TEL 0584-53-3325
FAX 0584-53-3345
設立 平成27年7月
事業内容 (1)中小企業M&Aアドバイザー業務
(2)中小企業M&A仲介業務
(3)親族内事業承継コンサルタント業務
(4)中小企業M&A支援・事前準備コンサルティング
(企業価値向上、法的整備)
資格 司法書士、行政書士、JMAA(一般財団法人)認定M&Aアドバイザー

アクセス

プロフィール

田中俊博

大学

国立金沢大学法学類へ入学。
商法・会社法を専攻し、「M&A」に関する判例事件を研究。

在学時、司法書士試験と、行政書士試験に合格。

大学卒業後

岐阜県内の司法書士事務所で勤務。入所した年に司法書士登録。
司法書士業として会社登記、会社法務案件・相続案件を得意分野としている。

平成30年に「一般財団法人 日本M&Aアドバイザー協会」認定M&Aアドバイザー資格を取得。
M&Aアドバイザー業務を開始。

その他

司法書士の団体である全国青年司法書士協議会では「商業登記・企業法務」を研究する委員会に所属し、M&A関連を中心に研究・発表などを行っている。

M&A事業を始めたきっかけ

その会社の最善の選択を考えるきっかけ作り

M&A事業を始めたきっかけ

私がM&A事業を始めたきっかけは、地元で愛されている多くの会社が、後継者不在で廃業している現実を見たことです。

司法書士への解散・清算手続きの依頼は、基本的に債務超過でない会社に限られます。債務超過であれば破産など裁判所での手続が必要であり、弁護士の関与となることがほとんどだからです。

中には大変業績がよく、地元のお客さんにも愛されている会社からの依頼もあり、「もったいない」という思いとともに、「自分がもう少し何とかできなかったのか」と何度も悔しい思いをしてきました。

解散の手続をすることは司法書士であれば簡単な仕事です。司法書士の実務において「司法書士は経営者の判断に積極的に関与せず、ただ案件をこなす」という姿勢は、合理的な判断だと思います。ただ私は、解散がその会社によって最良の選択か、今一度考えてみてもよいのではないか。自分がそのきっかけになれないか、という疑問を抱きました。これが、私がM&Aに興味をもった理由です。

自分が関与することで1社でも多くの会社を残していきたい。それが私の思いです。

所属団体

日本M&Aアドバイザー協会 https://www.jma-a.org/
岐阜県司法書士会 http://www.gifu-shihoushoshi.or.jp/
TOP